目指せ☆貯蓄率5割

スポンサーサイト
-------- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

保険を検討1☆出産前の保険見直し
2012-05-27 14:49

子どもが生まれるにあたり保険加入を検討しています。

加入を検討するのは以下の3つです。
①生命保険
②学資保険(またはその代わりとなるもの)
③医療保険・ガン保険

現在の我が家の保険加入状況は以下のとおり。
夫→住宅ローンの団信のみ
妻→親が昔入ってくれた養老保険(今秋満期)

医療保険については貯蓄で対応、
共働きゆえ子どもがいないうちはどちらかに万が一があっても困らないという判断で
今まで保険に加入しておりませんでした。

しかし、子どもが生まれれば話は別!
時間のある出産前に検討することにしましたー(^^)/

自分では調べきらないので、保険相談を利用します!
一社では判断できないと思い、二社にお願いしました☆

相談時にお伝えしたのは次のような感じです。

【現状】
・年令:夫婦とも30代前半
・収入:今後も共働き(夫婦とも正社員)を続ける。夫婦の収入はほぼ同じで世帯年収は1,000万(手取り)。
・子ども:7月誕生予定。 ※2人は欲しいですが、不妊治療の末だったので可能性は低いかも…

【保険に対する考え方】
○生命保険
・保険では最低限の保障を準備(共働きゆえ過剰に備える必要はない)
・夫に万が一があっても、団信により住宅ローンがなくなること、遺族年金があるためあまり心配していない
・妻に万が一があった場合の方が経済状況が苦しいと予想

○学資保険
・大学進学費用の最低限を準備
※教育に関しては本人の希望を重視しますが、保険は途中解約すると元本割れするので、過剰にここでは準備しない。

○医療保険・ガン保険
・基本的には貯蓄で対応が方針。
※ただし健康な今のうちに安心のため加入を検討してみる。保険相談するならついでに…
・保険ですべてまかなわなくてよい
・入るのなら終身保障
・親族をみわたすとガン・心臓・脳の三大疾病がやはり気になる
※以上3つは言い忘れたけど話を聞いてあとで思ったこと

現状は二社とも最初の面談を終え、次回はプランをご提案いただく予定。
これに加えて、会社の団体保険と合わせて加入は決めようかなと思っています。

二社からなんとなくざ~っくり言われたことです。

★とある一社
共働きを続けるのなら、保障は少なめでいいと思います。
生命保険は『低解約返戻金型の終身保険』がいいですよ~。
お二人目ができたら定期を上乗せするとかがよさそうですね。
※このFPさん(代理店)が掛け捨てより貯蓄性の高いものを推奨派?なのかもしれません
※初回は医療保険のお話はほとんどありませんでした

★もう一社
長生き時代なので90歳まで生きること前提に、医療保険をベースにまずはお話します!
歳をとったときに医療費がかかってしまうと負担は子ども世帯に、
年令とともに医療保険加入は難しくなるかもしれないので今の若いうちに。
※医療保険をベースに生命保険まで考えます、という方針?(次回提案みないとわかりませんが)
※手堅い感じだけど、保険料が高くなりそうな感じがした(^^;)


個人的には、共働きであることが最大?のリスク回避であり
掛け捨ての医療保険支払いにあまり比重をかけたくないなぁと思いました。。
医療進歩や制度も変わりますしね…

ただ、低解約返戻金型の終身保険は保険料が高い。
しかも満期時期が60歳って、今までの人生とほぼ同じ期間生きたらやってくる(笑)
気が遠くなる~(@_@)

そう思うと、保険料を下げた定期保険も現実的かなとか…
う~~ん、保険って正解はないので難しいです。

また住宅ローンの繰り上げ返済と思い、すぐに使える預貯金がある程度貯まっています。
ただ、子供ができなけれは早めに返すことも考えてましたが、
今となっては、住宅ローン控除と利子がトントンなので、無理に返済せず
資産としてとっておく方がいいかなと。

面談は、それなりに疲れますが…勉強にもなります。
また来週のプラン提案が楽しみです。

最後までお読みいただきありがとうございます!
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

トラックバックURL
http://kajyumaruru.blog.fc2.com/tb.php/203-a8925298
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。