目指せ☆貯蓄率5割

スポンサーサイト
-------- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

保険を検討2☆プラン提案
2012-06-04 12:09

現在、保険の検討中です。(⇒検討項目はコチラ★

なんと・・・2社に依頼していましたが
1社すっぽかされました!

初回のお話から、あまりFPの方と考え方が合わなさそうだなと感じていたので
別にいいんですが。。。社会人として連絡もなく来ないっていうのはどうよ?という感じです。
ちなみに「保険マンモス」経由の方ですが、まぁ保険マンモスが悪いというより
委託なのでその委託先の問題ですね

さて、加入を検討する以下3つについて、モリモリ提案いただきました。

①生命保険
②学資保険(またはその代わりとなるもの)
③医療保険・ガン保険

本日は考え方のみを記録してみたいと思います。


【①生命保険編】
提案プラン:
マニュライフ生命 こだわり終身(低解約返戻金型/無配当終身保険)で1,000~1,200万円をベースに
NKSJひまわり生命の定期保険で大学卒行時まで1,300~1,800万円をカバー


ちなみに、私の希望で妻の退職年齢を50歳、払込期間20年でプランニングしてもらっています。
ただ夫に万が一があった場合は、定年まで働くという選択をすると思います。
払込期間が20年なのは、”低解約返戻金型”は満期前の解約では大きく元本割れするので
30年後の経済状況なんてわからないのでなるべく早く払い終えたいと思ったからデス。

”正社員共働きを続ける”前提で考えると、
ここまで多額の死亡保障(生命保険)は不要だとは思います。
ただ人はいつか必ず亡くなるので・・・そのときのお葬式代だったり
色々大変にな時に、家族がお金の面で心配いらないようにしておきたいもの。

その最低限の保障をいくらにして
定期保険(掛け捨て)で月々の支払いを抑えるか
終身(低解約返戻金型)にして月々負担は増えるけれど、貯蓄型にするのか。

そのあたりを夫と話合う予定です。

個人的には今は定期保険はつけず(第二子を授かったらつけるとか)
夫婦とも500万程度の終身がいいんじゃないかなと考えています。


【②学資保険またはその代わりとなるもの】
提案プラン:
アフラック WAYS(こちらも低解約返戻金型の終身保険)の全期前納払⇒死亡保障400万円


この保険の特長は
・全期前納にすることで6年目以降の解約返戻金の払戻率が100%を超える(元本割れしない)
・60歳までは「死亡保障」であるが、以降「医療保険コース(そのときの健康状態に関わらず可能)」「介護年金コース」「年金コース」「死亡保障継続コース」にできる
ということです。

面談時に私が
「(低解約返戻金タイプは)貯蓄性が高いとはいえ20年後、30年後って何があるかわからない」
と気にしていたこと、「学資保険に当てる金額は今の貯蓄から一括でも支払い可能」とお話したので
このプランが出てきたのだと思います。
※生命保険や医療の話もあったので、正直FPさんはここの話は力が入っていなかったんですが・・・

学資保険として17年後に解約した場合は118.6%だそうです。(204.4万の払込⇒242.5万の解約金)

実際には今の状況なら、学資保険って入らなくても、大学入学時にお金は準備してあげられるかと思います。
ただし、もちろんそれは、今のような状況なら・・・という話。
保険で準備することで気持ち的にも「大学入学時に当てるお金」と区切っておくことで安心感も生まれるのかなと思います。

また①生命保険とかなりかぶっているので、
私名義の生命保険を学資と兼ねるという考えもいいのかなと思いました。


【③医療保険とガン保険】
医療保険提案プラン:メットライフアリコ 新終身医療保険(60日型/終身/全期払)
・入院日額(終身)5,000円
・手術給付金(終身)10万円
・通院保証(終身)5,000円
・先進医療特約(10年)
⇒2,000万円限度&一時金5万円(60日間に1回を限度)

ガン保険提案プラン:富士生命がんベスト・ゴールド(終身)
・がん初回診断一時金(1回のみ) 200万円
・がん診断給付金(2年に1回を限度) 100万円

※つまり初回のがん診断で300万円、再発時に100万円
※がんと診断されたら払込免除

FPの方の提案としては「保障は最低限(日額5,000円)にして貯蓄で備えては」とのこと。
また「医療保険は新しいものがドンドン出てくるので健康が続けば見直す可能性が高いので月々の負担の少ない終身払いで」とのご提案でした。
この内容で2,200円ほどです。
あとはオリックスのCUREも提案としてありましたが、
こちらは先進医療が終身、1,000万円&一時金なし、ほぼ同じような保証内容・金額かと思います。

我が家は今までは「医療は貯蓄でまかなう」ことを方針としてきました。(⇒★医療保険のつもり貯金
「医療保険は払った分をもらう人はほとんどいない」というのはよく聞く話です。
というか、”掛け捨て(月々の負担は小さいけれどもらうときは大きい)”になる保険は
そういう風にできているんだと思います。
ただ”定期の生命保険”や”車の保険”の場合、万が一があったときに、対応できないからそのリスク対応のために入るもの。
医療保険がそれらと違うのは、貯金があれば家計が破綻するわけではない、というところなんだと思っています。
(仮に貯金で1,000万持っていてそれがなくても破綻しないのなら先進医療だって対応できます)

ただ、そのときにそのお金を治療費や個室代に、躊躇なく払えるかということ。
保険はやっぱり「安心」のためだし、病気をしてからでは入れないですもんね~・・・

我が家ではこの医療保険に入るか、入らないかが一番迷いそうです。
夫婦二人だと月額5,000円以内、年間で5~6万ほどですむと思います。
検討前は入ろうかと思っていたがん保険ですが、年間3万円ほどと医療保険と同じ程度。
入院費・通院費で家計が破綻するわけではないと思われるので
これに入らずに医療保険に入ることで、がんの先進医療に対応できたらと思ったわけです。

ちなみに昨年から始めた「医療保険のつもり貯金」は現在2万円。
ちゃんと別口座におとり置きしてあります。
夫にも「ちゃんと入院したらここの貯金から個室に入れてあげるよ~」と言ってあるので
やっぱり”先進医療への安心感””今健康状態がよいときに入っておく安心感”を得られるのなら
入っておこうかなと思う次第です。
(ここが今までと子供が生まれる考えの違いカモ・・・)

それでも夫婦2人で年間5万円の医療保険は、60歳までだと180万円!!
一生涯の入院回数を考えると、治療費が払えるのなら
子供が独立した後は、生命保険で戻ってこればいっか~的な考えもありかもしれない・・・

とても長くなりましたが。
とりあえず夫婦で話し合って決めないと!
伸ばしても仕方がないので出産前に決断だけはしたいものです。


最後までお読みいただきありがとうございます☆


にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://kajyumaruru.blog.fc2.com/tb.php/210-40306b76
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。