目指せ☆貯蓄率5割

スポンサーサイト
-------- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

保険を検討4☆生命保険&学資保険の契約案
2012-06-21 10:12

さて、出産を期に保険を見直しております。
(保険提案プラン⇒

勤務先の団体保険と比較した結果、個人で契約することに決めました!
最終見積もりをもらって契約の予定ですが、出産前にまとめておこうと思います。

【現在の案】
①生命保険
夫・・・最低限の保障(400万)/低解約返戻金型(マニュライフ生命こだわり終身)⇒月々1万円程度
妻1・・・最低限の保障(400万)/低解約返戻金型(マニュライフ生命こだわり終身)⇒月々1万円程度
妻2・・・収入保障保険(住宅ローン支払いを補う額程度)⇒年間1万~2万


★考え方★
・保険の目的は「万が一があったとき家族が暮らしていける」こと
・夫に万が一があった場合、金銭面で大きくは困らないと考えている(団信で住宅ローンがなくなる&遺族年金&現在妻も夫と同程度の収入がある)
・妻に万が一があった場合、現状より家計が苦しくなる

以上の考えのもと、妻の補償を手厚くする方向にしました。
私に万が一があった場合、現状より世帯収入が半分になります。
この状況でも専業主婦の家庭の収入と同程度ということになるので、
急に生活が困難になるわけではないと思います。
(実際に夫同僚の家庭でも、専業主婦のご家庭も多いです)

相談の結果「住宅ローン分がなくなれば夫収入だけでやっていける」ということに落ち着き
「住宅ローン残分を補う収入保障保険&葬儀代の終身保険」という設計となりました。


②学資保険
いわゆる学資保険には入らずに、
妻3・・・終身保険(400万)/低解約返戻金型(アフラックWAYSの全期前納払)⇒約200万一括
を学資保険代わりに契約する予定です。
17年後に解約した場合120%程(約240万受取)になります。

もう少し保険会社の種類を検討しようかなとも思っていますが
いずれにせよ「一括払い」にしようと思っています。
自分で運用したほうがよいという意見もあるかと思いますが
教育費は『中期的にほぼ確実に必要なお金』であるため、リスクが少ない方がよいと考えました。
ちなみに妻が契約者なのは、妻の保険すべてを合算すると
「住宅ローン残金+葬儀代」が補えるように合わせてあるためです。


③医療保険・ガン保険
結局ですが、医療保険には加入しないことを結論とする予定です。
理由は「医療保険へ加入せずとも家計が破綻しない」ため「貯蓄で補う」こととします。

夫婦二人で医療保険に加入するとおおよそ月4,000~5,000円。年間で5万~6万円になります。(入院日額5,000円タイプ)
今までもやってきましたが、夫と相談して
医療保険のつもり貯金を月5,000円(年間6万円)として別口座に貯めておこう
ということになりました。
仮に入院したりする事態になったときはここから支払い、差額ベット代も払おうというお約束です。

一度病気したり、健康診断の結果が悪いと保険に入りづらくなるというリスクは伴います。
ただ今後も医療制度も技術も変化していくため、必ず保険見直しが必要になってくるかと思います。
医療保険では『終身』が勧められているものの、ものすごーい先の未来に
今の保険がマッチしているのかというのも疑問ではあります。
ただ医療保険・介護保険の税金控除も始まるので
国としては、公的な保障から民間の保障にシフトしてね~って流れもあるとかないとか・・・
保険加入しない分、こういった情報には敏感でいたいなと思います。


ふぅ!こうやって一つ一つ決めていくと、スッキリ~。
出産の前に方向性が定まりそうでよかったです。
(これで産んでも里帰り中に夫が進めてくれそう・・・)

現状案での出費としては以下のとおり。
★月払い
 ○夫&妻の終身保険⇒月2万
 ○医療保険のつもり貯金⇒月5,000円
★年払い
 ○妻の収入保障保険⇒年1~2万
★一括
 ○妻の終身保険⇒約200万一括


保険が決まったので、我が家の資産棚卸しをして
今後の貯蓄計画を見直したいと考えています。

最後までお読みいただきありがとうございます☆

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://kajyumaruru.blog.fc2.com/tb.php/217-d71f4bb1
トラックバック
コメント
こんにちは。
保険の検討案、お上手だと思いました、
またそれ以上に感心したのが、リスクに対する考え方です。

家計管理の方針は各家庭色々あるかもしれませんが、
我が家の場合は「ムダ切り捨て型」なので、
保険は”最低限で掛け捨て”に徹しています。

もちろん医療&がん保険もかじゅまるさんと同じ意見で
貯蓄でカバーする事にしてすべて外しました。
(現在は主人の死亡保障のみです) 
死亡保障もあと数年で不要になる予定です。

学資保険は当時は元金割れが多くて加入しなかったですね。
でも終身保険を利用する手があるんですね~!
かじゅまるさんのご家庭にはぴったりでしょうね
(どの家庭にも合っているとは限らない、
例えば金融資産の残高や、ローンのリスクなんどを考慮する必要あり)
Posted by モコ at 2012-06-21 11:40 | 編集
> モコさん
コメントありがとうございます!お褒めのお言葉、ありがとうございます~。
保険はそれぞれの家庭で入る目的・現在の資産状況・得たい安心感(保障)があると思うので
どれが絶対正解というのはないのが難しいなぁと思いました・・・

”最低限で掛け捨てでムダ切り捨て”深い言葉で再度考えさせられます。
確かに自分が亡くなる時代や20年、30年後の400万円の価値はわからないので
貯蓄性の高い保険にどこまでっていうのは悩みどころです。

最近は学資保険でも元本割れしない商品もあり、終身保険を利用する方も多いようです。
いずれも親に万が一があったときでも学費を確保してあげられるので、
大きなリターンはなくとも子供のために入ることといたしました!
Posted by かじゅ☆まる at 2012-06-22 10:35 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。