目指せ☆貯蓄率5割

スポンサーサイト
-------- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「プレジデント」を読んで~55~74歳への”やっておけばよかったこと”アンケート結果~
2012-10-28 16:08

我が家は徒歩3分ほどに図書館があります♪
週末は夫にムスメを頼んで、ちょくちょく雑誌を読みに行っています。

雑誌は買って読んでもいいのですが
 借りるよりも短時間集中!!で読める
 捨てる面倒さがない

という点から図書館で読むのがけっこう好きです。

今週はVERYとプレジデントを読んできました。
プレジデントはちょくちょくある家計系の特集。



内容として気になったのは
55~74歳への”やっておけばよかったこと”アンケート結果!!

健康面、金銭面、人間関係面の3つでアンケート結果がランキング形式でのっています。
細かいところは本誌を読んで頂いた方がいいと思うのですが抜粋すると

<健康面>
1.歯の定期検診を受ければよかった
2.スポーツなどで体を鍛えればよかった
3.日頃からよく歩けばよかった
<金銭面>
1.もっと貯金しておけばよかった
2.もっといろんなことを勉強すればよかった
3.行きたい場所に旅行すればよかった
<人間関係面>
1.一生続けられる趣味を見つければよかった
2.親とよく話をすればよかった
3.友達を多くつくればよかった

こんな感じです。
いかがでしょう~??
雑誌には20位まで載っているので
気になる方はそこを読んでもらうといいかなと思います。


私は<健康面>では20位までに入ることで
ダメだってことがほとんどなかったです♪

<金銭面>でドキッとした項目は
・退職後も働ける資格を取得すればよかった(5位)
・行きたい場所に旅行すればよかった&もっと遊びにお金をかければよかった(3位、11位)


年金がアテにできない時代、やはり年齢に関係なく(細々とでも)
収入を確保することができるって大事だろうなと常々感じています。
それが”お金”という面だけでなく自分の”やりがい生きがい”的なものとして
老後にも続けられればなおいいなぁと思います。
これは「もっと勉強しておけばよかった」ということにも関連していますよね。

<人間関係面>では課題がいくつかありますね・・・。
・一生続けられる趣味(1位)
・友達を多くつくればよかった(2位)

思いっきり上位の項目です(汗)。

友達は、どちらかというと少ないですね~…
というか学生時代の友人がすぐに会える距離にいません(涙)
フェイスブック等でやりとりしたりしているものの
頻繁に会える距離にいない。。。

ちょうど昨日は大阪・東京から友人が赤ちゃんの顔を見に来てくれたのですが
そうやって遠方から旅行を兼ねて訪れてくれる数少ない友人を大切にしたいと思います!

私も来春出産予定の友人には、落ち着いた頃に遊びに行かせてもらいたいな~


今回気になったポイントについては今後の生活でも
意識していきたいなと思います。

本日もお読みいただきありがとうございます☆

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 2012年4月~13年3月生まれの子へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://kajyumaruru.blog.fc2.com/tb.php/308-ad2396c5
トラックバック
コメント
お近くの図書館うらやましいです。
雑誌の最新号がおいてるのですね??

プレジデント、私も考えさせられました。

お友達はお子さんが大きくなると「ママ友」がたくさん作れますよ!!
まさかこんなに仲良くなれるとは!!と思うくらいママ友と仲良しですよ!!
逆に同級生のお友達はお子さんの年齢や性別が違うと共通の話題・行動がすくなくなり今は疎遠傾向です。
健康とお金と友達。
どれがなくても老後はさみしくなりそうですね。

今から準備頑張ります。

Posted by megumi at 2012-10-29 07:47 | 編集
megumiさん
図書館、雑誌コーナーがありまして最新号は借りられませんが色々なものが置いてあります♪座ってゆっくり読めるのでとても重宝しています!
ママ友、これからゆっくりできたらなぁと思います^^。たまたま自分の仲良しお友達2人がムスメの同級生になるのですが、遠方なんですよね…まぁ子供同士の相性もありますしね!
老後はお金、健康、友人、それに趣味や家族…自分でできる範囲のことは準備したいですね。
Posted by かじゅ☆まる at 2012-10-29 09:46 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。