目指せ☆貯蓄率5割

スポンサーサイト
-------- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

業務軽減
2015-07-04 06:55

実にひさしぶりの更新となってしまいました(汗)

ここ最近、仕事のことで色々ありまして、
今日はそのことを書いておきたいなと思います。


結論からいうと・・・

秋ごろから、業務の軽減をしてもらうことになりました

今の業務は、スケジュールに追われる部門です。
特にこの1~2か月、わたし的に時間・内容ともに
かなりハードな期間でした。。。

結果、家族でも話し合い、

①このペースは育児しながらの限界
②(時間の余裕のなさから)不妊治療に通えていない
   ※もともと妊娠しにくい体質を考えると、リミットはあと1~2年かと

この2つの理由から、一度は「退職したい」旨を
上司に伝えました。


極端な選択であることはわかっていたのですが
社内に職種転換という選択肢もなく、

今の私のポジションに求められているだけの仕事のパフォーマンスが
発揮できていない(し、それをやろうと思うとかなりきつい)、と思い詰めていたこともあって

そのような結論をもってお話させてもらいました。


課長が「何とか辞めずにすむ選択肢はないか」ということを模索してくれ
部長とも相談してくれた結果、
「時間に縛られることが少なく、通院に専念しやすい環境」を打診していただきました。


正直なところ・・・
自分としては環境に甘えているんじゃないか、とか
色々悩みましたが

「今から30年後働き続けていることを思ったら、そういう選択肢をしてもいいんじゃないか」と
上司から言ってもらったこともあり、今すぐに極端な選択肢をしなくてもいいのかなと
いただいた提案で、仕事を続けさせてもらうことにしました。

具体的には治療は最大1年半を目途としているので(ステップアップも含め)、
業務軽減も最大はその期間でお願いしたいことをお伝えしました。

社内での異動、という選択肢もあったかと思うのですが
上司としては理由がかなりプライベートにかかわることもあって
(上司は一人目の不妊治療の頃からことを知っています)

「課員は家族みたいなものだと思って、今は頼ろう。いつかみんなが困ったときに、恩返しすればいい」
と温かい言葉をもらいました。。。


まぁそんなこんなで、私が思ったのは

「辞めたい、と口にしてしまったが、本音では働き続けたいんだな」
ということを、実に痛感しました。

意外にも、金銭的なことではなく(笑)。
なんだかんだいっても、この組織でもっと上にいきたいんだな、と。

同時にライフステージが大きく変わる女性が、ずっと同じペースで働くことのむずかしさも・・・

(といっても、今の担当業務は社内基準でみるとハードな方なので、
軽減といっても、他部署の人より軽いかというとそうではない)


周りもドタバタさせてしまいましたが、思い切って一歩?を踏み出したのは
よかったのかなと思います。

今後

☆(限界を超えない範囲で)限界まで頑張り、会社に貢献していくこと
☆今回のこの経験を、今後同じような思いをする社内の後輩たちに向けて何かできないか

この2つを意識しながら、
日々邁進したいと思います!

お読みいただき、ありがとうございます。


スポンサーサイト

トラックバックURL
http://kajyumaruru.blog.fc2.com/tb.php/619-59fbac68
トラックバック
コメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Posted by at 2015-07-04 17:27 | 編集
コメントありがとうございます^^
なかなか「今持っているもの」「得られるかもしれないもの」を手放すことは、本当に勇気がいることだな、と思います。でもそれは自分の固定概念に固執しているだけで、、、手放すことで得られることが、きっとあるんだろうなぁと思います。
コメントを読ませていただいて、文面からとても前向きなことが伝わってきました!そうそう、まだ見ぬ我が子もそうですが、今目の前にいる子どもとのことをおろそかにしてはいけないなぁと思いました☆
Posted by かじゅ☆まる at 2015-07-05 08:32 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。